有限会社良観(グループホームぽっかぽか) / 老人介護事業コンサルタント・介護リフォーム



 

連絡先・アクセス

〒252-0246
神奈川県相模原市中央区
水郷田名2-20-14
TEL・FAX:042733-2850

介護事業の必要性について

現代の日本では、介護サービスや介護施設が非常に充実してきています。しかし、いまだに介護施設やサービスを利用出来ない高齢者の方々も多いのは、需要と供給のバランスが成り立っていないからではないでしょうか。


当社では、一つでも多くの介護事業の開業が成功するようにコンサルティングを行っております。そこでこちらでは、介護事業の必要性についてご紹介します。

超高齢化社会の現代

日本の人口の4人に1人が65歳以上の高齢者となった超高齢化社会の現代では、介護事業への注目度が高まってきています。老人ホームなどの施設に入居する方もいれば、在宅介護を希望して通院をしたり介護サービスを利用する方もいらっしゃいます。
核家族化も進み、高齢者が単身で暮らしている事も多くなりました。その社会情勢の傾向から将来に不安を抱いている方々は増加しています。若い頃からシニアライフのために貯金をしたり保険をかけたり、終活に取り組んでいる人もいるほどです。今後は、より高齢者の人口が増えていくと予想されますので、介護事業の展開が重要視されているのです。

介護事業の需要は高い

介護事業と一口にいってもその種類は様々です。通所介護(デイサービス)、訪問介護(ホームヘルパー)、介護福祉施設(老人ホーム)、短期入所生活介護(ショートステイ)、訪問・通い・宿泊を組み合わせる小規模多機能型居宅介護、ケアプランの作成を行う居宅介護支援など幅広く展開しております。
要介護認定を受けた高齢者自身が望む、その人らしい生活を送れるようにするためには、このような介護事業が必要不可欠なのです。

そんな需要の高い介護事業を開業したいとお考えでしたら、介護事業のコンサルタント業務を対応している当社へご相談ください。介護の経験を持っているスタッフによりコンサルティングを行いますので、資金繰りのノウハウや経営の問題点などを解決しながら運営をサポートいたします。まずはお見積もりをご依頼ください。